機器紹介
美容皮膚科

機器紹介
美容皮膚科

機器紹介

肌診断・カウンセリング

顔画像解析装置 VISIA-Evolution <キャンフィールド社製>

顔画像解析装置 VISIA-Evolution <キャンフィールド社製>

顔画像解析装置で、お肌の状態と、施術経過の診断・評価を行います。

光治療・レーザー治療

1. キュテラXeo(ゼオ) <キュテラ社製>

キュテラXeo(ゼオ) <キュテラ社製>

キュテラXeoは、以下のような治療ができます。

IPL治療(光治療)

IPL治療(光治療)

顔全体または希望の部位に光を照射し、紫外線の影響や加齢による肌の変化を改善する治療です。レーザー光に比べて、穏やかに作用します。
【主な効果】 肌質の改善、毛穴の開き軽減、皮膚の引き締め効果、小じわ改善、傷跡の軽減
【治療期間】 3~4週間間隔で、5~6回の治療が目安です。

ロングパルスYAGレーザー治療

血管治療

レーザー光を照射することで血管を熱凝固させ、血管腫、毛細血管の拡張の治療を行います。当院では、皮膚表面の色調に影響を与えにくいレーザーを採用しています。
【主な効果】 毛細血管拡張症、網目状の下肢静脈瘤、赤みの軽減、あざなど
【治療期間】 6~12週間ごとに、数回の治療が目安です。 美肌治療

美肌治療

レーザー光で皮膚に熱刺激と光刺激をあたえることで、細胞の新陳代謝を活発にし、加齢による肌の変化を改善します。毛穴の開きの軽減や皮膚の引き締め効果のほか、肌質の改善や傷跡の軽減にも効果が期待できます。
【主な効果】 肌質の改善、毛穴の開き軽減、皮膚の引き締め効果、小じわ改善、傷跡の軽減
【治療期間】 2~3週間ごとに、4~5回の治療が目安です。

光脱毛

一般的なレーザーより幅広い波長を使用するため、毛根に確実に作用し効果的な脱毛が期待できます。個人差はありますが、他の脱毛方法に比べ痛みが少ないといわれています。
【治療期間】 6~8週間おきに5回程度の治療を繰り返すことをおすすめします。

ロングパルスYAGレーザー脱毛

レーザー光を照射することで毛根を熱変性させ、脱毛します。今まで治療が難しいとされていた、しみの方・色黒の方・うぶ毛の多い方にも安全に使用できます。
【治療期間】 2~8週間おきに5~8回程度の治療を繰り返すことをおすすめします。

※脱毛の治療期間は、いずれの治療方法でも、脱毛する範囲、ムダ毛の量・質などにより個人差があります。

2. Qスイッチルビーレーザー <ニーク社製>

しみなどの原因であるメラニンのみを最も効果的に破壊し、周囲の組織にダメージを与えにくいのが特徴です。しみやくすみ、あざの改善にも効果が期待できます。
【主な効果】 しみ、くすみ、あざなど

【治療期間】

  • 10mm以下の物については、1回の治療で終了する場合が多いですが、厚みのあるものは2回に分けて治療する場合があります。
  • (アフターケアのための通院も必要となります)
  • たくさんできている場合は、数回に分けて治療します。
  • 再治療は3ヶ月以上あけて行います。

3. CO2(炭酸ガス)レーザー <ルミナス社製>

Imacon Color Scanner

盛り上がったしみやほくろを取り除きます。
【主な効果】 隆起性のしみ、ほくろ、イボの除去など

【治療期間】

  • 10mm以下の物については、1回の治療で終了する場合が多いですが、厚みのあるものは2回に分けて治療する場合があります。
  • (アフターケアのための通院も必要となります)
  • 厚みのある場合やたくさんできている場合は、数回に分けて治療します。
  • 再治療は3ヶ月以上あけて行います。

イオン導入&超音波導入(イオントフォレーシス&ソノフォレーシス)

イオンザイムDF-II<エンビロン社製>

1秒間に300万回の超音波振動で皮膚に一時的に空洞を作って有効成分を通し、お肌の内部まで有効成分を浸透させます。さらに超音波の振動はお肌の内部に温熱効果を生み、新陳代謝を促進します。

【導入剤と主な効果】
 ■ ビタミンA…しみ、ニキビ、しわ、肌荒れ、乾燥
 ビタミンAは皮膚や粘膜、目、胃腸などの組織を健康に保ちます。
 お肌でいえばシミ、しわ、ニキビ、などに効果があります。
 ビタミンAは皮膚細胞を正常化するので、
 肌荒れや乾燥が気になる方には特におすすめです。
【治療期間】
  週1~2回のペースでの施行が理想的です。
 ケミカルピーリングと合わせて行うと、
 各種薬剤の浸透性がより高くなることが期待できます。

ケミカルピーリング

薬剤を塗って皮膚を一定レベルまで取り除いて再生させます。そうすることで、毛穴の詰まりを改善し、ニキビなどを治療します。
【主な効果】
  ニキビ治療の期間短縮・治療効果の増強、しみ、小じわ、肌のザラつきの改善
【治療期間】
 4週間に1度のペースで行います。4~5回の治療を目安とし、
 治療後も数カ月~1年に1回のペースで維持していくことが必要です
 (効果には個人差があります)。