排尿機能障害
専門外来案内

排尿機能障害
専門外来案内

排尿機能障害

診療内容

尿漏れ、尿が近い、出にくいなどの排尿障害の治療を行っています。特に尿失禁・骨盤臓器脱、間質性膀胱炎が専門です。また、通常、大学病院で受付けている神経内科疾患や整形外科的疾患にともなう症状についても、対応できます。お気軽にご相談ください。

診療日

月(15:00~18:00)

予約

初診時:不要
まずは通常の泌尿器外来を受診してください。

再診時:必要(電話予約不可)
初診時に次回の予約をお取りください。

泌尿器科機器 一部紹介

ウロダイナミック検査システム Solarソーラー<MMS社製>

ウロダイナミック検査システムは、多くの泌尿器科で導入されている、膀胱の働きや尿の流れなどを調べる装置です。神経因性膀胱、尿失禁の正確な診断や、前立腺肥大症の手術前検査として、各検査データの数値を確認でき、同時に膀胱や尿道、括約筋の状態をレントゲンで観察できるので、検査時間の短縮につながります。
検査方法は、下記の検査項目によって異なりますが、尿道よりカテーテルを挿入して造影剤を注入して膀胱容量や形、コンプライアンス(かたさ)を調べたり、専用の器械に排尿していただき尿の勢いや収縮力、尿道の閉塞の程度を調べます。

<ソーラーが可能とする検査項目>

・尿流測定
・膀胱内圧測定
・プレッシャーフロースタディー(内圧尿流測定)
・尿道内圧測定

医師紹介

排尿機能部長 曲 友弘 (まがり・ともひろ)
出身大学
群馬大学医学部(平成8年卒)
専門
排尿障害(特に神経疾患に伴う)、尿失禁、 骨盤臓器脱、間質性膀胱炎
指導医・専門医・認定医
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科指導医
日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
日本透析医学会指導医
日本透析医学会専門医
日本排尿機能学会認定医
医学博士