メンズドック
腫瘍コース

メンズドック
腫瘍コース

メンズドック(前立腺MRI)

サイレントキラー“前立腺がん”

前立腺画像(T2)

日本では、前立腺がんの患者数・死亡数が年々増加しています。
前立腺がんは初期症状がなく静かに身体を蝕んでいくため、“サイレントキラー”とも呼ばれています。そのため、課題とされてきたのが、“いかに前立腺がんを早期発見・適切治療するか”ということでした。
そこで当施設では、PSAという血液検査に加え、前立腺がんの発見に有用とされているMRIを用いてメンズドックを行っています。

「PSA検査」とは

わずか1mlの採血で早期の前立腺がんを発見できる、有効な血液検査(腫瘍マーカー)です。転移する進行がんになる前に発見することができる、精度の高い検査で、ブルークローバーキャンペーンでもPSA検査が推奨されています。
当院ではこのPSA検査を採用し、前立腺がんの早期発見に役立てています。

当施設の前立腺MRI検査の特徴

当施設の前立腺MRI(PHILIPS社製Achieva1.5T)検査では、さまざまな断面画像に加え、MRS(MRスペクトロスコピー)という特殊な方法を用いて検査を行っています。

(前立腺がん)

(尿路感染による膿瘍形成)

MRS(MRスペクトロスコピー)とは

MRSは体内の代謝物を検出する技術であり、前立腺ではクエン酸・コリンという2種の代謝物を測定することにより、がんの検出能向上や悪性度の評価に有用と言われています(正常ではクエン酸が豊富、がんではクエン酸が減少しコリンが上昇する)。しかし直腸ガスや生検後の出血の影響を鋭敏に受けやすいので、さまざまな検討を行い、その結果ルーチン検査として取り入れることに成功しました。

この研究の報告は、第38回日本磁気共鳴医学会大会(2010年9月30日つくば市)、第52回全日本病院学会(2010年10月10日:神戸市)にて発表し、またフィリップス社のMRI撮像技術全国大会“Gyrocup 2010”に北関東ブロック代表として選出されました。

ご注意

  1. メンズドックは健康保険の適用はできませんのでご注意下さい。
  2. 心臓ペースメーカーを装着されている方、手術歴(体内に外科的クリップ、人工関節など金属をご使用の方)、閉所恐怖症の方はMR検査ができないことがありますので必ずお申し出下さい。

ブルークローバーキャンペーン

当院は、ブルークローバーキャンペーンを応援しています。
ブルークローバーキャンペーンとは、前立腺がんの早期発見・早期治療を推進する運動です。

メンズドック

実施日:月~土
所要時間:約4時間

検査内容

メンズドック(前立腺MRI)
検査項目 検査内容
基本検査 診察、聴力、呼吸器検査、心電図、上部消化管検査、下部消化管検査、血液・尿検査、上腹部エコー検査、眼科検査、感染症検査、胃カメラ
前立腺MRI検査 前立腺MRI検査(前立腺がん)
前立腺腫瘍マーカー検査 PSA蛋白測定検査(血液検査)
排尿障害検査 前立腺容積測定検査(MRI)、残尿測定検査(MRI)、I-PSS・QOLスコア(問診)
料金
ドック名 価格(税込)
メンズドック
(前立腺MRI)
66,052円

※この他、オプション検査を追加できます。オプション検査についてはこちら