• ホーム
  • 外来診療
  • 高崎健康管理センター
  • 美容皮膚科

Menu


医療機器・設備紹介

医療機器・設備紹介

MRI
Achieva 1.5T A-series <PHILIPS社製>

ヘルスパーククリニックでは「心臓用32チャンネルコイル」を搭載した最新のMRIを導入しました。CTと違い放射線被ばくと造影剤の注射がなく、安全な検査です(場合によっては、造影剤を使用する検査もあります)。とくに全身拡散強調MRIはPETよりも高画質でPETが苦手とする肝臓がん、腎臓がん、前立腺がんも発見できます。また全身MRI拡散強調画像で発見されたがんは他の撮影条件によって詳しく診断することができます。

MRI


マルチスライスCT
SOMATOM Definition AS+ <SIEMENS社製>

ヘルスパーククリニックでは128スライス型の最新マルチスライスCTをもちいて冠動脈疾患や、がんの2次健診を行います。従来に比べ、放射線被ばくが1/3程度に低減し、より安全な検査になりました。

マルチスライスCT


ウロダイナミック検査システム
Solarソーラー<MMS社製>

ウロダイナミック検査システム

ウロダイナミック検査システムは、機能の差はあれ比較的多くの泌尿器科施設で導入されていますが、ビデオウロダイナミクスを行うことができるこの装置を導入したのは、県内ではヘルスパーククリニックが初めてです。神経因性膀胱、尿失禁の正確な診断や、前立腺肥大症の手術前検査として、各検査データの数値と同時に、膀胱や尿道、括約筋の状態をレントゲンで同時に観察することができます。そのため、より詳細・正確に検査を行うことができ、患者さまにとっては結果的に検査時間の短縮につながります。

検査方法は、下記の検査項目によって異なりますが、尿道よりカテーテルを挿入して造影剤を注入して膀胱容量や形、コンプライアンス(かたさ)を調べたり、専用の器械に排尿していただき尿の勢いや収縮力、尿道の閉塞の程度を調べます。

<ソーラーが可能とする検査項目>
・尿流測定
・膀胱内圧測定
・プレッシャーフロースタディー(内圧尿流測定)
・尿道内圧測定


マンモグラフィ
MAMMOMAT3000 <SIEMENS社製>

マンモグラフィ

マンモグラフィ(乳房撮影装置)は早期の乳がんを発見する装置です。ヘルスパーククリニックでは最新の装置を導入しました。従来のものよりも低い放射線被ばくで、診断精度も格段に高まりました。マンモグラフィで異常が発見されましたら、MRIによる精密検査を行います。

マンモグラフィ


超音波診断装置
Xario XG SSA-680A <TOSHIBA社製>

超音波診断装置

心臓の機能や心臓弁膜症の診断はもとより、肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、膀胱、前立腺、子宮の病変を正確に診断します。また頚動脈の超音波検査から、早期の動脈硬化を発見することもできます。


脈波伝播速度(血圧脈波検査装置)
Vasera VS-1500 <フクダ電子社製>

脈波伝播速度

動脈硬化の程度を測定する装置で、両手両足の血圧と心電図、心音図を同時に測定します。この装置から得られるCAVI(キャビィ)は大動脈を含む「心臓から足首まで」の動脈の硬さを反映する指標で、動脈硬化が進行するほど高い値となります。 またABI (Ankle-Brachial Index)を計測することで四肢の血管の詰まりも診断できます。心電図同様に痛みのない検査です。

脈波伝播速度


FMD検査(血流依存性血管拡張反応検査装置)
ユネクスイーエフシリーズ タイプKR <ユネクス社製>

FMD検査

FMD検査は、最も早期の動脈硬化を診断するものです。 当院では、群馬県内で初めて人間ドックにFMD検査を取り入れました。まず検査では腕を止血し、その前後の血管径の拡張を超音波でみます。止血後の血流再開によって反応充血という血流増加が起こり血管が拡張します。FMDは食事療法や運動で改善することが知られていますので、治療前後の数値を比較することで治療効果の判定に役立ちます。


フリーラジカル解析装置
Fras 4 <ウイスマー社製>

Fras 4

フリーラジカル解析装置は、抗酸化力や活性酸素、フリーラジカルレベルを総合的に分析することができる装置です。