DPC対象病院

当院の入院診療費は、「包括評価方式(DPC)」という医療費制度で計算しております。

当院は「包括評価方式(DPC)」という医療費制度の対象病院となっております。「包括評価方式(DPC)」とは、国が定めた包括払いによる医療費制度で、病名と診療行為の組み合わせによって医療費を決定します。

算定方法

従来の計算(2008年3月まで)
出来高払い制度

診療で行った検査や注射、投薬などの量に応じてすべてを合計した医療費が計算されていました。

新しい入院医療費の計算(2008年4月以降)
包括払い(DPC)制度

1日あたりとして包括金額が設定されています。この金額の中には注射・投薬などの診療内容の費用を含みます。なお、手術などの医師の専門的な技術料については、これまでどおりの出来高払い方式で医療費が計算されます。

算定方法

入院医療費= @ + A
@{診断群分類ごとの1日当りの点数×医療機関係数×入院日数×10円}+ A{出来高部分×10円}
※当院の医療機関係数は、院内掲示板をご参照ください。

DPC対象外の患者さま(出来高払い方式)

  1. 病気、治療内容によって、診断群分類に該当しない患者様
  2. 自賠責、労災、公務災害の適用患者さま
  3. 自費の入院患者さま等
  4. 来院後24時間以内に亡くなられた患者さま

なお、保険適用外区分(個室代・雑費代等)は、従来どおり別途金額を負担していただくこととなります。

※外来の患者さまは従来どおり出来高払い方式です。

支払い方法

一部負担金の支払い方法は、基本的にはこれまでと変りありません。

※ご不明な点等ございましたら入院事務担当者までお問い合わせください。

このページの先頭へ