• ホーム
  • 外来診療
  • 高崎健康管理センター
  • 美容皮膚科

Menu


院外処方せんについて

院外処方せんについて

院外処方せんについて

処方せんは患者さま一人一人の症状に合わせて、薬の種類・量・飲み方などを記した大切な公的書類です。
当院では厚生労働省が推進する医薬分業の趣旨に添って、以下の理由によりお薬を院外処方せんでお渡ししております。

  1. 医師の処方に基づき薬剤師が調剤することにより、お薬をより安全に使用していただけます。
  2. 処方せんにより、お薬の処方内容が患者さまに明らかになります。
  3. かかりつけ薬局では患者さまのお薬に関する記録を保管しています。お薬に対するアレルギー・副作用等を記録しておくことで、服用するお薬の安全性を高めることができます。
  4. 他の病院や診療所の処方と同じ薬が処方されていたり、危険な飲み合わせがある場合など処方内容に疑問がある場合、薬剤師が医師に問い合わせ、その結果、処方内容の変更や、処方中止等の処置がとられることもあります。
  5. 飲み忘れ・飲み間違いを防ぐため、1回に飲むお薬を一包にまとめたり、お薬の名前や飲み方、効能・効果や副作用などを記載した用紙をお渡しして説明をしたり、お薬手帳や健康手帳にお薬の情報などの記録もします。特に複数の医療機関や診療科を受診している患者さまは、ぜひ1カ所「かかりつけ薬局」を決めて、処方せんによる調剤を受けられることをお勧めします。

処方せんについてのお願い

処方せんの有効期限は発行された日を含めて4日以内です。この日を過ぎると無効となってしまいますので、有効期限内に保険調剤薬局でお薬をお受け取りください。また、薬代は調剤薬局でお支払いいただきます。
有効期限を過ぎますと、調剤薬局でお薬をもらうことができません。有効期限切れ・処方せんの紛失などで再発行する場合は自費になりますので、取り扱いにご注意ください。
なお、他にお薬をお飲みの方は受付までお伝えください。飲み合わせなどを調べさせていただきます。