人工透析の費用

人工透析を継続して行う必要性のある患者さまは、透析治療開始後の申請により「特定疾病療養受領証」の交付を受けることができます。 これを医療機関に提示すれば、1ヶ月の自己負担限度額は医療機関ごとに1万円となります。 (ただし、国における人工透析患者さまの高額療養費、患者自己負担額改正に伴い、平成18年10月より月収53万円以上の方は月額2万円となりました。) また、医療費が1ヵ月に1万未満の場合、また1ヵ月間に入院と外来がある場合はこの限りではありません。

「特定疾病療養受領証」の事務手続き

  1. 加入している保険者から「特定疾病療養受領証交付申請書」を受け取る。
    (社会保険加入者は勤務先の健康保険組合または社会保険事務所)
    (国民健康保険・老人保健加入者は各市町村の保険年金課)
    ※当院導入の際、用紙のご用意を代行して行っております。透析事務担当にお問い合わせください。
  2. 病院窓口に提出し、証明を受ける。
  3. 証明がおりたら、用紙を保険者に提出する。
  4. 保険者から「特定疾病療養受領証」が交付される。
  5. 「特定疾患療養受領証」を含むお持ちの保険証を一式、病院窓口に提示する。
    (なお、透析開始の月末までにご提示いただけない場合には、その月の医療費が保険割合で計算されます。)

※お持ちの保険証が一つでも変わった場合には、必ず病院担当者にご提示ください。内容により再申請が必要な場合もあります。

人工透析をお受けの患者さまは障害者手帳の交付の対象です。 これは、さまざまな福祉サービスを受けることができる手帳です。 交付対象となる障害の範囲は、法によって定められ1級から6級です。 (サービスの内容については各市町村にお問い合わせください。)
透析患者さまは、重度心身障害者医療の受給者証、65歳以上の方は高齢重度障害者医療の受給者証の交付を受けることができ、これにより、自己負担金は助成対象になります。 (ただし、県外にお住まいのかたは窓口にて自己負担金をお支払いいただき、その後各市長村に申請に行っていただきます。 助成のサービス内容については各市町村にお問い合わせください。)

必要書類(市役所へご提示いただくもの)

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 指定医の診断書 (当院導入の際は透析事務担当にお問い合わせください)
  • 本人の顔写真(縦4cm×横3cm)
  • 印かん

※交付をうけたら必ず、お持ちの保険証を一式窓口に提示してください。

透析中の食事代

当院ではご希望の方にお食事をご用意いたします。
一食540円のものと216円のものがあります。(*保険適用外です。)

お問合せ

ご不明な点は、黒沢病院までお問い合わせください。
Tel:027-352-1166(黒沢病院 代表)

このページの先頭へ