理事長あいさつ

皆様方におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
平素は当法人の運営に多大なお力添えを頂き、心より感謝し厚く御礼申し上げます。
住み慣れた地域で笑顔あふれる生活をしていただくために、医療・福祉の連携をより一層深め、職員一同、日夜研讃努力をして参る所存でございます。
なにとぞ倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願申し上げます。

医療法人 社団美心会
理事長 黒澤 功

施設長紹介

■略歴

・埼玉医科大学医学部(昭和59年卒)
・医療法人社団美心会黒沢病院(平成13年入職)
・消化器外科部長、地域医療担当部長、高崎東部福祉総合相談センター長を経て令和元年11月に老健くろさわ施設長へ就 任。

老健くろさわ施設長
田口 正毅


運営方針

運営理念

笑顔あふれる暮らしの継続

運営方針

ご利用者さまの意思と人格を尊重し、明るく家庭的な雰囲気を大切にし、常にご利用者さまの立場に立ったサービス提供に努めるとともに、ご利用者さまのご家庭との結びつきを重視し、地域社会に開かれた施設運営を行います。
上記理念実現のため市町村、地域包括支援センター、居宅介護支援事業所、居宅サービス事業者、介護保険施設、その他の保健・医療・福祉サービス提供者との密接な連携を図ります。


施設概要

施設概要

施設名称 介護老人保健施設 老健くろさわ
介護老人保健施設 老健くろさわ ユニットさくら
所在地 群馬県高崎市中居町3-19-2
電話番号 027-352-3366
FAX番号 027-352-3322
開設者 医療法人 社団美心会 理事長 黒澤 功
施設長 田口 正毅
利用定員 老健くろさわ 60名(ショート利用含む)
ユニットさくら 40名(ショート利用含む)
併設施設 通所リハビリテーション(デイケア) 定員120名
構造 鉄筋コンクリート一部4階建て

各階構成

老健とは?

老健とは、「生活リハビリを行い、在宅復帰を促す、病院と自宅のいわゆる中間施設」と位置付けられています。
介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理の下、看護・介護といったケアはもとより、作業療法士や理学療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで併せて提供する施設です。
病院から退院した方や生活機能が低下した方の在宅復帰を支援します。
また、介護者の介護疲れをリフレッシュしていただくため、短期間お預かりする「ショートステイ」や「看取り」の役割も担っています。

ユニットケアとは?

自宅に近い環境の介護施設において、他の入居者や介護スタッフと共同生活をしながら、入居者一人ひとりの個性や生活リズムに応じて暮らしていけるようにサポートする介護手法のことを指します。
「ユニットケア」の最大の特徴は、入居者個人のプライバシーが守られる「個室」と、他の入居者や介護スタッフと交流するための「居間」(共同生活室)があることです。入居者10人前後を一つの「ユニット」として位置づけ、各ユニットに固定配置された顔なじみの介護スタッフが、入居者の個性や生活リズムを尊重した暮らしをサポートします。

老健くろさわは超強化型老健施設です。

「老健」を国が定めた介護報酬制度の基準は5ランク制です。施設の取組み内容(要件)を満たしている順に上から超強化型、強化型、加算型、基本型、その他型と5つに分けられています。老健くろさわは超強化型老健施設の取組みをおこなっている施設です。

所定疾患施設療養費(Ⅱ)の算定状況報告

介護老人保健施設において、入所者の医療ニーズに適切に対応する観点から、肺炎や尿路感染症などの疾病を発症した場合における施設内での対応について、添付のような条件 (算定条件による)を満たした場合に、介護報酬等において評価されることとなっております。

当施設では、ご入所者様への安心のご提供等に資するべく、また、所定疾患施設療養費を適切に算定するため、治療の実施状況をご報告しております。
詳細はこちらをご覧ください。

所定疾患施設療養費 (2022年度 公表)

処遇改善加算についての情報公開

各施設における処遇改善加算金の算定状況の公開と、キャリアパス・職場環境要件についてご報告します。詳細はこちらをご覧ください。

処遇改善加算についての情報公開