医療費控除の対象

object of deduction

ValeoProでは厚生労働省から「健康づくりを推進する上で適切な内容の施設」という認定を受けました。これにより、ValeoProでは運動処方せんに基づいた場合「月会費」が医療費控除の対象となりました。医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することで、主に治療目的のものが認められる対象となります。

【医療費控除になる対象】

  1. 医師、歯科医師に支払った診療費・治療費
  2. 治療、療養のために必要な医薬品の購入費
  3. 病院、診療所、助産所、介護老人保健施設等へ支払った入院費、入所費等
  4. 治療のためのあんまマッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整体師に支払った施術費
  5. 保健師、看護師等又は療養上の世話を受けるために特別に依頼した人による療養上の世話費用
  6. 助産婦による分娩の介助を受けた費用

ValeoProを利用して医療費控除の対象になる方

  • ◆運動療法を行うことが適当であると医師が判断した疾病をお持ちの方
  • ◆医師が運動処方せんを発行した方
  • ◆ValeoProに週1回以上来館、8週間以上運動を続けている方

医療費控除額の計算方法

※差し引く分とは出産育児一時金や、生命保険や損害保険からの入院給付金、高額療養費で戻る分などのことをいいます。
※医療費控除額 は最高200万円です。

上記の式で算出した医療費控除額に所得に応じた税率をかけて算出した金額が実際に所得税から差し引かれる金額となります。

モデルケース(2型糖尿病の50歳で年収300万円のレギュラー会員)

  1. 一年間に支払った医療費の合計金額を算出いたします。
    • ValeoPro利用料金+治療費=268,100円
    • ・ValeoPro利用料金(レギュラー会員)12,342円×12ヶ月=148,104円
    • ・治療自己負担金10,000円×12ヶ月=120,000円
  2. 生命保険や損害保険からの差し引く金額はありません。
  3. 年間所得が300万円ですので10万円を差し引きます。

※同じ控除額でも税金を沢山支払っている人は還付金も多く、少ない人は還付金が少なくなります。

控除の際の手続き

1. 運動療法処方せんの交付

かかりつけ医から診察を受け、運動処方せんを発行してもらってください。

2. 運動療法の実施

ValeoProに運動処方せんをお持ちください。運動療法(トレーニングメニュー、スタジオ)を実践していただきます。経過観察として定期的にかかりつけ医に受診してください。

3. 運動療法実施証明書・領収書の発行

翌年の1月に運動療法実施証明書の発行、利用料金の領収書を発行いたします。

4. 運動療法実施内容の報告

運動動療法実施証明書をかかりつけ医に持って行き、内容の確認、署名と捺印をもらってください。

5. 所得税の申告

その他の医療費控除対象となるものと合わせて、運動実施証明書と利用料金の領収書を持って、確定申告を行ってください。

体験入会大好評受付中!

効果の声が続出!!ダイエットプログラム『BISHIN22』

ValeoPro提携施設

日本メディカルフィットネス研究所日本メディカルフィットネス研究会(以下JMFS)は、国民に向けたメディカルフィットネスの重要性を感じ、
1.健康寿命の延伸
2.医療費の削減
3.雇用の創出
を3大ミッションに平成23年6月に立ち上がった団体です。 ValeoProは理事として参加し、メディカルフィットネスの発展に向け努力しております。

フロント

群馬県高崎市矢中町188 ヘルスパーククリニック2F

  • 027-350-1177
  • 第1、第3金曜日・年末年始・保守点検日(年3回)他
  • 9:25〜22:30(土は21:00、日祝は19:00閉館)※最終入館は営業終了30分前まで