皆様こんばんは(^_^)/~ 
 
来週7月7日は七夕です✩  
季節の変わり目を祝う年中行事として親しまれておりますが、
ちなみに・・・・七夕に短冊を飾る由来を皆様はご存知ですか?  
色々と諸説はあるようですが・・・
 
7月7日の七夕の夜、おりひめとひこぼしは待ちに待った「再会」という願いをかなえます。人々は「二人のように、願い事がかないますように」と、たんざくに色々な願い事を書いて、笹や竹の葉に飾るようになりました。
冬でも緑を保ち、まっすぐ育つ生命力にあふれた笹や竹には、昔から不思議な力があると言われてきました。神聖な植物ゆえに、そこに神を宿すことができるとも言われています。祭りの後、竹や笹を川や海に飾りごと流す風習には、竹や笹にけがれを持っていってもらうという意味があります。
(参考文献;京都地主神社HPより) 
  
ご自宅ではなかなか季節の行事を行わないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方がにも四季折々のイベントを楽しんでいただけるよう、  
今年はなんと?! 
オープン以来初の試み!笹をご用意いたしました~!! 
 

じゃん!!風情があり良いですね~♪


  
 
短冊とペンをご用意しておりますので、是非皆さま願い事を書いてみてください(^^♪ 
 

早速マネージャーが一筆!どこかに紛れておりますので、探してみてくださいね☆