パワーリハビリテーション

パワーリハビリテーションとは?

パワーリハビリテーションとは、「パワーリハビリテーション機器」によるマシントレーニングです。使っていない筋力を活性化させ、低い負荷でご利用者様に無理なく運動していただけるものです。身体機能が向上することで、活動範囲も広まり、精神的にも意欲向上をはかれます。
また、スタッフはパワーリハビリテーション協会の研修を受けており、専門的なサービスを提供いたします。

老健くろさわのデイケアでご利用いただける機器には、次のようなものがあります。

ヒップAB/ADD

ヒップAB/ADD

歩行の安定性と股関節周囲の動きの向上をはかります。

関節の動き
AB:股関節を外側に向ける
ADD:股関節を内側に向ける
使用される筋肉
AB:殿筋群(中殿筋)
ADD:股関節内転筋群

ローイングMF

ローイングMF

姿勢の改善と、肩甲骨周囲の動きの改善をはかります。

関節の動き
肩甲骨を内側に向ける
肩関節を伸び広げる
肘関節を折り曲げる
使用される筋肉
僧幅筋中部、広背筋、三角筋後部

レッグEXT/FLEX

レッグEXT/FLEX

起立・歩行の安定性と、膝関節周囲の動きの改善をはかります。

関節の動き
EXT:膝関節を伸び広げる
FLEX:膝関節を折り曲げる
使用される筋肉
EXT:大腿四頭筋
FLEX:ハムストリングス

ホリゾンタルレッグプレス

ホリゾンタルレッグプレス

起立・着席動作の改善、足・膝・股関節周囲の安全性向上をはかります。

関節の動き
膝関節や股関節を伸び広げる
足関節を深く曲げる
使用される筋肉
大腿四頭筋、ハムストリングス、腓腹筋、ヒラメ筋

トーソEXT/FLEX

トーソEXT/FLEX

起立・着席動作の改善をはかります。

関節の動き
EXT:体幹を伸び広げる
FLEX:体幹を深く曲げる
使用される筋肉
EXT:脊柱起立筋群
FLEX:腹筋群

チェストプレス

チェストプレス

身体を支える動作、肩関節・胸郭の動きの改善をはかります。

関節の動き
肩関節を深く曲げる
肩甲骨を外側に向ける
肘関節を伸び広げる
使用される筋肉
三角筋前部、前鋸筋、上腕三頭筋、大胸筋

バイオデックス バイオステップ

バイオデックス バイオステップ

各種の疾患に合わせたリハビリテーションが行えます。

  • 脳血管疾患の方は、健康な側だけでの運動もできます。
  • 心疾患の方は、負荷設定を細かく設定できるので、心拍を測定しながら運動できます。
  • 関節や靱帯などの整形疾患の方は、適正な負荷で筋力トレーニング・可動域トレーニングが行えます。
  • 座った状態で歩行のシミュレーションができます。
  • クッション性のある大きな座席シートで身体を支えます。

エアロバイク

エアロバイク

負荷の範囲が広く、状態に合わせた運動ができます。
測定値も細かく分析することができ、運動効果の推移を正確に見ることができます。

このページの先頭へ