HOME理事長ご挨拶

理事長ご挨拶

医療法人 社団美心会 理事長 黒沢功

医療法人 社団美心会 理事長 黒沢功

「最高の総合医療サービスのさらなる実現に向けて

日々進歩を続ける医療技術・・・かけがえのない命を大事にしたいという思いが技術の進歩となって私たちの生活を支えています。だれもが共通する願いは、健康で楽しい生涯を送ることではないでしょうか。医の原点は健康を保つこと、そして万が一病気になってしまった時には、早期発見、適切治療が重要であると私は考えます。そのためには、生活に密着した場所で最先端の予防医療、健診、治療ができる施設が必要です。

当法人は、保健、医療、福祉の統合をめざし、健診・ドック、外来・入院・透析、介護、健康増進事業など、各種サービスを行っています。外来・健診・ドック部門においては、平成21年7月に「黒沢病院附属ヘルスパーククリニック」を、そして、救急・入院部門として、平成26年7月に「黒沢病院」をヘルスパーククリニック隣地に新築移転いたしました。さらに平成27年4月からは「介護老人保健施設 老健くろさわ」を開設いたしました。

私たちの提供するすべてのサービスに共通すること、それは質の高い医療とホスピタリティー(おもてなし)の精神です。その実現に向けて、最新機器の導入と有能なスタッフの配置、さらに大規模災害時においても平常時同様に医療が提供できる設備を備え、文字通り24時間365日患者様の受け入れが可能な医療に取り組んでいます。また、ご利用者様に安心と安らぎ、そして居心地の良さをご提供するため、従来の医療機関のもつネガティブなイメージの払しょくに向けた、空間とアメニティーの充実、おもてなしのこもったスタッフサービスに努めています。

これからも、当法人の各機能の連携を強化し、皆さまの健康で安心できる生活のご支援に向け、さらなる「総合医療サービス」の実現を目指してまいります。

プロフィール

昭和16年6月14日 群馬県多野郡中里村生まれ。
群馬県立富岡高校、岩手医科大学を卒業後、群馬大学医学部泌尿器科に入局し、群馬大学医学部附属病院泌尿器科医局長、富岡総合病院泌尿器科医長、人工腎臓部部長を経て、昭和52年に黒沢医院を開設。
昭和60年に黒沢病院を開設。平成8年に医療法人 社団美心会を設立した。
平成11年に多野郡万場町に特別養護老人ホーム「シェステやまの花」を開設し、さらに平成14年に高崎市乗附町に特別養護老人ホーム「シェステさとの花」を開設した。

施設を広げていく中で、日本で3番目の脳ドックの開始、医療業界では5番目以内に入るISO9001の認証取得、北関東で初めてプライバシーマークを認定取得するなど、さまざまな事業展開、評価・認定の取得をしてきた。 かねてより、「予防医療」の重要性に着目し、平成21年7月1日「黒沢病院附属ヘルスパーククリニック」を開院。平成26年7月1日「黒沢病院」新築移転。平成27年4月1日「老健くろさわ」開設。現在に至る。

資格・認定など

  • 日本泌尿器科学会評議員
  • 日本泌尿器科学会指導医
  • 日本泌尿器科学会認定 泌尿器科専門医
  • 日本透析療法学会認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本人間ドック学会認定医
  • 日本人間ドック学会研修施設指導医
  • 日本糖尿病協会登録医
  • 前ESWL学会評議員
  • 医学博士

ページのトップへ

ヘルスパーククリニック
ヴァレオプロ
黒沢病院
高崎東部福祉総合相談センター
高崎健康管理センター
黒沢病院 高崎市矢中町187
黒沢病院附属ヘルスパーククリニック 高崎市矢中町188

Copyright医療法人 社団美心会