病院指標

病院指標とは

病院指標とは、一般的には臨床指標と呼ばれており、医療の質を具体的な数値で示し、客観的に評価することが可能なもので、医療の質評価指標(Quality Indicator:クオリティーインディケーター)とも呼ばれています。


  1. 目的
  2. 病院情報の公開について、以下の通り目的を設定する。

    • 医療機関のDPCデータの質の向上
    • 医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上


  3. 集計項目
  4. 1)年齢階級別退院患者数
    2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3)初発の5大癌のUICC病期分類別ならびに再発患者数
    4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5)脳梗塞のICD10別患者数等
    6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


  5. 集計条件および集計方法
    • 平成28年4月1日から平成29年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
    • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    • 自動車賠償責任保険、労災保険、自費、新規高額薬剤使用の患者は対象外
    • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外。
    • 患者数が10未満の場合は、-〈ハイフン〉にて表示する


平成28年度 黒沢病院 病院指標

医療法における病院等の告示規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢
区分
0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 22 30 57 166 287 536 602 701 235

  • 年齢を10歳刻みの階級別に表示し、階級は90歳以上を1つの階級としています。
  • 80歳代の患者様が最も多いですが、当院の平均年齢は74.4歳です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

診療科名:泌尿器科 診療科コード:310

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患
経尿道的尿路結石除去術等
手術・処置等1 なし
定義副傷病 なし
94 5.57 5.83 0 60.48
110070xx02020x 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 2あり
定義副傷病 なし
46 5.24 7.85 0 69.87
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
定義副傷病 なし
44 9.48 12.43 0 73.93
110070xx0200xx 膀胱腫瘍
膀胱悪性腫瘍手術
経尿道的手術
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
42 7.86 7.44 2.38 72.81
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患
手術なし
36 9.78 8.83 2.78 71.97

  • 最も多いのは、尿管結石による経尿道的尿路結石除去術を施行した方で94名です。
  • 当院では、5人の泌尿器科専門医にて施行しています。

診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害
手術なし
103 4.82 5.24 0 67.62
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)
手術なし
手術・処置等1 なし
手術・処置等24あり
定義副傷病 なし
発症前Rankin Scale 0、1又は2
69 19.13 16.54 15.94 69.45
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)
手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
42 27.17 19.35 47.62 66.79
010230xx99x00x てんかん 手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
33 6.85 7.12 3.03 61.06
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
33 7.06 7.52 3.03 57.67

  • 平成26年7月より脳卒中センターを開設しております。
  • 脳卒中疾患にて集中的な急性期治療を専門の病室で行っています。

診療科名:内科 診療科コード:010

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
87 29.47 21.25 6.9 85.05
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 手術なし 68 2.01 3.00 0 59.6
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 27 6.26 5.50 0 63.19
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症
手術なし
定義副傷病 なし
23 19 12.43 8.7 81.96
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術
手術・処置等2 なし
22 9.27 9.02 0 72.18

  • 高齢の方による誤嚥性肺炎が多くなっています。

診療科名:外科 診療科コード:110

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞
手術なし
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
- - 9.08 - -
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)
手術なし
手術・処置等1 なし
手術・処置等2 なし
定義副傷病 なし
7.44
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患
手術なし
7.89
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし
定義副傷病 なし
6.91
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア
ヘルニア手術
腹壁瘢痕ヘルニア等
8.57

  • 鼡径ヘルニアや憩室炎、虫垂炎の治療を行なっています。

診療科名:整形外科 診療科コード:120

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし
定義副傷病 なし
18 24.67 20.57 11.11 83.22
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折
手術なし
定義副傷病 なし
15.97
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患
手術なし
10.31
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷
手術なし
手術・処置等2 なし
9.25
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折
人工骨頭挿入術 肩、股等
27.63

  • 高齢者による腰椎圧迫骨折加療が多くなっています

診療科名:皮膚科 診療科コード:300

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満)
手術なし
手術・処置等2 なし
12.64
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 11.97

  • 熱傷や褥瘡の治療を行なっています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
StageI StageII StageIII StageIV 不明
胃癌 23 1 7
大腸癌 34 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

  • 5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)についてUICC国際対がん連合のTNMから示される病期分類と、再発の患者数を集計しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 13 7.46 46.69
中等症 39 21 80.33
重症
超重症
不明

  • 市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことで、成人(20歳以上)を対象としています。
  • 当院では、軽症と中等症に多い傾向がみられます。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日
から
患者数 平均
在院日数
平均
年齢
転院率
G45$一過性脳虚血発作及び
関連症候群
3日
以内
155.1368.80.00
その他
G46$ 脳血管疾患における
脳の血管(性)症候群
3日
以内
その他
I63$脳梗塞3日
以内
28426.675.6726.42
その他3425.7172.852.83
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日
以内
101172.20
その他
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日
以内
その他
I675もやもや病
<ウイリス動脈輪閉塞症>
3日
以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明3日
以内
その他

  • 脳梗塞の病型別患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております。
  • 平成26年7月より脳卒中センターを開設しております。
  • 入院3日以内に発症した脳梗塞の患者数が最も多く、椎骨動脈狭窄症(I65.0)や内頚動脈狭窄症(I65.2)も対応しています。
  • 平成27年度におけるtPA治療実績は32例となっております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

診療科名:泌尿器科 診療科コード:310

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 99 1.1 3.46 0 60.08
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 92 1.35 4.24 1.09 71.38
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 68 3.1 3.84 0 69.72
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 35 1.2 5.66 2.86 73.4
K610-3 内シャント設置術 33 5.09 10.94 6.06 71.06

  • 経尿道的尿路結石除去術の患者数が99名と最も多く、次いで経尿道的膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的尿管ステント留置術となっております。

診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 17 0 26.88 47.06 76.35
K609-2 脳血管内手術(1箇所) 16 1.94 21.31 18.75 67.63
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 11 2.64 14.36 9.09 78
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)

  • 経皮的脳血栓回収術が17名と最も多く、脳経動脈瘤クリッピング術や脳血管内手術、慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭)等、脳卒中センターで対応しており、即日入院・即日手術となっております。

診療科名:内科 診療科コード:010

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 24 0.96 4.13 0 62.13
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 22 1 7.27 0 72.18
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 4.64 18.91 0 82.27
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) 10 0.4 3.3 0 60.3
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 10 23.7 33.3 20 83

  • 内視鏡専門医による胃や大腸の早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を行っております。

診療科名:外科 診療科コード:110

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 49 0.98 2.92 0 62.92
K6336 大腿ヘルニア手術
K654 内視鏡的消化管止血術
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)

  • 主に、鼡径ヘルニア手術を行っております。

診療科名:整形外科 診療科コード:120

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術(大腿)

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる

  • 播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率を示しています。
  • 当院での症例数は、全て10未満となっております。

更新履歴

このページの先頭へ