病院指標

病院指標とは

病院指標とは、一般的には臨床指標と呼ばれており、医療の質を具体的な数値で示し、客観的に評価することが可能なもので、医療の質評価指標(Quality Indicator:クオリティーインディケーター)とも呼ばれています。


  1. 目的
  2. 病院情報の公開について、以下の通り目的を設定する。

    • 医療機関のDPCデータの質の向上
    • 医療機関のDPCデータの分析力と説明力の向上


  3. 集計項目
  4. 1)年齢階級別退院患者数
    2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
    4)成人市中肺炎の重症度別患者数等
    5)脳梗塞の患者数等
    6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)


  5. 集計条件および集計方法
    • 平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
    • 入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児は集計対象外
    • 自動車賠償責任保険、労災保険、自費、新規高額薬剤使用の患者は対象外
    • 臓器移植(『厚生労働大臣が指定する病院の病棟における療養に要する費用の額の算定方法の一部を改正する件(平成28年厚生労働省告示第73号)』に規定)は集計対象外。
    • 患者数が10未満の場合は、-〈ハイフン〉にて表示する


平成29年度 黒沢病院 病院指標

医療法における病院等の告示規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢
区分
0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 - 16 37 49 153 278 482 634 731 207

  • 年齢を10歳刻みに表示し、年齢階級は90歳以上を1つの階級としています。
  • 全体人数の20%以上が70歳代、80歳代の患者様となっております。
  • 当院の平均年齢は75.3歳です。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

診療科名:泌尿器科 診療科コード:310

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 99 5.12 5.75 0 58.74
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 50 7.5 7.31 0 73.94
110420xx97xx0x 水腎症(その他) 44 2.7 5.17 0 71.52
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 34 13.09 12.34 5.88 71.94
110070xx02020x 膀胱腫瘍 32 4.63 7.64 0 67.94

  • 最も多いのは、尿管結石による経尿道的尿路結石除去術を施行した方で99名です。
  • 膀胱腫瘍の症例も多く対応しています。
  • 水腎症に対する経尿道的尿管ステント留置術や腎盂腎炎・尿路感染症による内科的治療にも対応しております。
  • 当院では、5名の泌尿器科専門医にて施行しており、2018年4月より6名の体制となっております。

診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 94 5.15 5.15 0 69.66
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 57 25.56 19.1 45.61 68.7
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 53 20.49 16.38 11.32 69.55
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 52 11.62 9.68 3.85 75.54
010230xx99x00x てんかん 36 9.08 6.32 2.78 65.06

  • 2014年7月より脳卒中センターを開設しております。
  • 24時間対応の救急体制をとっており、血栓溶解療法(rt-PA)治療も行っております。
  • 脳卒中疾患にて集中的な急性期治療を専門の病室で行っています。
  • 急性期治療後には、在宅や社会復帰を目指し、社会福祉士を中心に近隣の医療機関への転院や施設入所の手続きをさせていただくこともあります。

診療科名:内科 診療科コード:010

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 84 30.76 20.83 4.76 85.6
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 69 2 3.02 0 61.01
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 29 7.38 5.5 0 64.31
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 25 18.52 12.34 4 82.2
050130xx99000x 心不全 24 22.08 17.71 8.33 86

  • 高齢の方による誤嚥性肺炎は、既往症のある方も多いため、入院期間が長期的な傾向にあります。
  • 内視鏡の大腸ポリープ切除による入院も対応しております。
  • 急性胃腸炎や尿路感染症、心不全の疾患にも対応しております。

診療科名:外科 診療科コード:110

DPC
コード
DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 - - 8.98 - -
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 - - 7.87 - -
060210xx99010x ヘルニアの記載のない腸閉塞 - - 19.08 - -
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 - - 9.06 - -
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 - - 9.58 - -

  • ヘルニアや憩室炎、虫垂炎の治療を行っています。
  • 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

    ファイルをダウンロード
    初発 再発 病期分類
    基準(※)
    版数
    StageI StageII StageIII StageIV 不明
    胃癌 - - - - 26 - 1 7
    大腸癌 - - - - 25 - 1 7
    乳癌 - - - - - - 1 7
    肺癌 - - - - - - 1 7
    肝癌 - - - - - - 1 7
    ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

    • 5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)についてUICC国際対がん連合のTNMから示される病期分類と、再発の患者数を集計しております。
    • 患者数は延べ患者数としています。
    • 不明の症例が多くなっていますが、これは内視鏡によるポリープや腫瘍切除を施行し、退院時に病理結果が明らかでないケースがこちらに該当します。
    • 病期分類の結果、自院での手術、または近隣の高度医療機関への紹介等も行っております。

    成人市中肺炎の重症度別患者数等

    ファイルをダウンロード
    患者数 平均在院日数 平均年齢
    軽症 - - -
    中等症 52 19.92 81.65
    重症 - - -
    超重症 - - -
    不明 - - -

    • 市中肺炎とは、普段の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことで、成人(20歳以上)を対象としています。
    • 成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)にて重症度分類しています。
    • 当院では、高齢者による中等症の患者様が多い傾向がみられます。

    脳梗塞の患者数等

    ファイルをダウンロード
    発症日
    から
    患者数 平均
    在院日数
    平均
    年齢
    転院率
    3日
    以内
    284 27.4 77.07 23.23
    その他 26 29.04 75.04 1.94

    • 脳梗塞の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しております。
    • 2014年7月より脳卒中センターを開設しており、24時間対応を行っておるため、発症後3日以内に治療を開始する患者さんが殆どです。
    • 急性期治療後には、在宅や社会復帰を目指し、社会福祉士を中心に近隣の医療機関への転院や施設入所の手続きをさせていただくこともあります。
    • 地域包括病床も設けている為、在宅や社会復帰に向けてのリハビリ加療も行っています。

    診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

    ファイルをダウンロード

    診療科名:泌尿器科 診療科コード:310

    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均
    年齢
    患者用
    パス
    K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 116 1.26 3.04 0 59.22
    K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 84 1.79 4.04 0 71.52
    K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 83 0.57 4.77 0 69.98
    K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 48 0.02 0.04 0 56.4
    K610-3 内シャント設置術 27 4.22 14.81 0 72.37

    • 経尿道的尿路結石除去術の患者数が116名と最も多く、次いで経尿道的膀胱悪性腫瘍手術、経尿道的尿管ステント留置術となっております。
    • 日帰り入院にて体外衝撃波腎・尿路結石破砕術も対応しております。

    診療科名:脳神経外科 診療科コード:150

    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均
    年齢
    患者用
    パス
    K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 1.49 15.2 10.2 77.96
    K178-4 経皮的脳血栓回収術 20 0.05 27.7 50 74.9
    K1781 脳血管内手術(1箇所) 19 1.53 19.42 15.79 59.26
    K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 13 1 33.31 46.15 64.08
    K178-2 経皮的脳血管形成術 - - - - -

    • 慢性硬膜下血腫が49名と最も多く、経皮的脳血栓回収術や脳血管内手術、脳動脈瘤頚部クリッピング術等、多様な症例を脳卒中センターにて対応しており、即日入院・即日手術のできる体制となっております。

    診療科名:内科 診療科コード:010

    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均
    年齢
    患者用
    パス
    K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 14 1 7 0 65.21
    K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 11 1 3.91 0 60.91
    K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -
    K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
    K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) - - - - -

    • 内視鏡専門医による胃や大腸の早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術を行っております。
    • 内視鏡による胃や大腸のポリープ切除や胆のう・胆道系疾患にも対応しております。

    診療科名:外科 診療科コード:110

    Kコード 名称 患者数 平均
    術前日数
    平均
    術後日数
    転院率 平均
    年齢
    患者用
    パス
    K6335 鼠径ヘルニア手術 13 1 2.54 0 56.46

    • ・主にソケイヘルニアの手術を行っております。

    その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

    ファイルをダウンロード
    DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
    130100 播種性血管内凝固症候群 同一
    異なる
    180010 敗血症 同一 20 0.77
    異なる
    180035 その他の真菌感染症 同一
    異なる
    180040 手術・処置等の合併症 同一
    異なる

    • 播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症の発生率を示しています。
    • 当院では敗血症が最も多くなっております。

    更新履歴

    このページの先頭へ