• 美心会TOP
  • 外来診療
  • 高崎健康管理センター
  • 美容皮膚科

Menu

ブルークローバーキャンペーン

「人間ドック・健診施設機能評価」認定

群馬県初「人間ドック・健診施設機能評価」認定取得

認定証


理事長・院長 黒澤功よりごあいさつ
― 安心で高レベルなドック・健診施設として認証取得 ―

県内初の認定施設

理事長・院長 黒沢院長

平成17年3月、当院の高崎健康管理センターは「人間ドック・健診施設機能評価」の認定を受けました。
この評価は、日本人間ドック学会が人間ドック・健診施設の審査を行い、常に質の改善活動を促進し、人間ドック・健康診断を安心して受けていただける施設であるということを、第三者評価という形で保証する目的として始められたものです。
審査は5つの領域・185項目にも及ぶ評価基準で厳しいチェックが行われ、これらの基準を満たした施設に対してのみ日本病院会が認定するものです。
全国で31番目、群馬県内ではお蔭様で初めての認定取得となりました。
しかし、これも取得したから終わりというものではなく、5年に一度更新審査を受けなければなりません。

評価基準の5領域とは「基本的事項と組織体制」「地域・職域との関係」「受診者の満足と安心」「健診の質の確保」「運営の合理性」であり、ご利用者様にとっていかに安心して人間ドックを利用していただける施設であるかを証明するものです。

ご利用者様第一主義

当センターは、人間ドックのご利用者様が年間12,000名様を超え、県内トップの施設となりました。
私たちが開院以来、ずっと心掛けてまいりました「ご利用者様第一主義」が、このような形で実を結んだものと喜んでおります。
いかに快適にご利用いただけるか、そしていかに病巣を早期に発見できるかを常に考えながら取り組んでまいりました。
今回はその信念を第三者機関に評価していただく良い機会と考え、認定審査を受ける運びとなった次第です。
当院はISO9001:2000を取得していることと、病院機能評価を取得していたことで、マニュアルや文書類が整備され、サービス提供のシステム構築がされており、さらに改善のシステムも整備されていたことから、比較的短期間で準備ができたと思います。

より満足度の高い健診施設を目指して

ところで、ご存知のように人間ドックは健康保険証が使えないため、自費で受けていただくものです。
自覚症状がなければなおさらですが、日頃からしっかりとした健康管理の意識がないとなかなか人間ドック受診へ足が向かないのも事実です。
しかし、ご自分の体を常に監視し、いつまでも元気で長生きしていただくためにも、定期的に人間ドックを受けていただくことが大切です。
どうかお気軽に当院の高崎健康管理センターまでお越しください。
心よりお待ちしております。

また、皆様からいただいたご意見やご指摘を改善に結びつけ、より良い施設づくりを目指します。
継続的な改善をモットーに、今後もご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


人間ドック・健診施設機能評価とは

日本病院会と日本人間ドック学会によれば、健診の質の改善を促進し、受診者が安心して受診できることを目的として、平成10年に「人間ドック認定指定医制度」を設立し、現在までに約2,000人医師を認定してきました。
今までは人間ドックを担当する予防医学の専門医養成に力を入れてきましたが、人間ドックの適切な運用を図るためには人材だけでなく、ハード面やシステムにおいても第三者評価が必要であると、平成16年9月、人間ドックの機能評価がスタートいたしました。

評価の枠組み

評価は書面による評価と訪問による評価の二段階に分けられます。
書面では、健診施設概要、活動に関する実績データと、評価基準に基づいた自己評価を提示します。
訪問による評価は、実地で評価基準に基づいて行なわれます。

評価基準

評価基準は、五つの領域に分けられ大項目(30項目)・中項目(74項目)・小項目(185項目)の三段階構造となっております。